GUIDE

中古住宅を最適化する????~保証付きリノベーションマンションを買う

中古住宅のメリット、特にマンションの場合、立地条件や価格帯等どうしても譲れない重視ポイントを満たしてくれる「このマンションじゃなくっちゃ!」というところにあると思います。 しかし、中古マンションの場合、経年劣化やデザイン、設備などが最新仕様ではなく、使い勝手の点、住んだ時の快適性等が、最新の新築物件と違ってきて、不満を感じる所となってきます。 この問題を解決(?)してくれる「リノベーションマンション(保証付きリノベーション)」という概念が近年急速にクローズアップされるようになりました。 中古マンションのメリットを享受しながら、新築マンション以上の快適でデザイン性の高いマイホームを手に入れる......。夢のようなお話ですが、じっくりと考えてみましょう。

POINT.1 リノベーションとは?

「住まいのリノベーション」とは、中古マンションや中古一戸建てといった既存中古不動産の性能や価値を、再生・向上させるために改修し、現代の生活に最適化することをいいます。
具体的にいうと、住む人々の価値観やライフスタイルに合わせて、間取りや設備など、住まい全体の暮らしやすさ、つまり生活の質を向上させリフォームすることをいいます。
新築の「新しさ」と、立地重視で探しやすい、新築より購入しやすい価格といった中古物件の「利便性と手ごろさ」を兼ね備えた、新築でも中古でもない、新しい住宅のカテゴリとも言えます。

POINT.2 単なるリフォームとの違いは?

次に一般的によく行われるリフォームとの違いを考えてみましょう。リノベーションは、前述のように「住まい全体に対処する改修を指すこと」といえます。
それに対して、リフォームは、例えば浴室やキッチンを修繕しきれいにし、壁紙を張り替えるなど、部分的に「新築時のレベルに戻す」「不便なく生活できるように性能・機能を維持する」ことを目的とした、原状回復のための修繕をいいます。
リノベーションとリフォームの違いを、しっかりと把握し、単にきれいにするだけではなく、機能性の向上をテーマに考えてみることが需要です。

POINT.3 新しい価値の創造「適合リノベーション」とは?

それでは、具体的に「機能性の向上」といっても、リノベーションは定義や基準が各事業者によって異なるために、消費者に正しく理解されていませんでした。そこで、2009年5月に発足したリノベーション住宅推進協議会が、リノベーションの技術・品質基準を統一し、協議会が定めた基準をクリアしたリノベーション物件を、「適合リノベーション住宅」と呼ぶことになりました。
協議会に参画した各事業者は、適合リノベーション住宅の基準が定める建物検査から保証までの一連のフローに沿って、情報開示・保証を行っています。注目すべきは、不具合が生じると補修に大きなコストがかかる重要なインフラ部に関しては、改修を加えない部位にも、アフターサービス保証が取り入れられている点です。
協議会が定めた明確な検査・保証体制のもとで適合リノベーション住宅が提供されるので、住まいの購入者は、消費者としても安心して選べるのがポイントです。

POINT.4 住み替え、売却時のポイント

当然このような物件は、購入時に安心なだけでなく売却時にもその価値が明確化されているため、有利になることがあります。 次の購入者も「適合リノベーション」物件を購入することで、再度リノベーションを行う時も方向性が明確になります。またきちんとリノベーションした物件はきちんと維持することで、本来の物件の基本性能を長く引き出すことも可能となります。

マンション選びの新しい基準として注目されている「適合リノベーション」是非検討してみては如何でしょうか?

その適合リノベーション保証付きのおすすめ物件、未公開物件等プロならではの情報を提供してくれることでしょう。
さあ、夢のマイホームをGetしてみましょう!

NOW ON SALE

一般公開67件 会員登録で162

販売中のマンションを探す

MEMBERS

■お問い合わせ先

大和住販株式会社

〒221-0053
神奈川県横浜市神奈川区橋本町2-1-30

0120-666-777 AM9:30〜PM9:00

ページ先頭へ